お金がないとモテないの嘘、お金があれば女性を選別できる理由

金のある男がモテる本当の理由。
お金がある男はモテると思っていませんか?

最初に正解を書いておきますが、お金があるからモテるのではありません。
今回は、なぜお金があるとモテるのか?の本質について触れていきたいと思います。

愛があればお金なんていらない。。。というメルヘンチックな男子はいないと思いますが、もしあなたがそんな価値観を持っていたらとても危険です。

もちろん、日常生活を送る上で浪費する女性では結婚生活など成立しませんので、女性の金銭感覚は大切です。

ここでいうお金のある男とは、お金力で何でも解決しようとする男のことではありませんので念のため。

「お金を上手く使う男」の思考回路を知って、自分の恋愛にも役立てようという事です。
それでは、お金のある男の話をすすめましょう。

お金があるからモテるのではない

重要な事なので何回も書きますが、お金があるからモテるのではありません。
確かにお金は女性にとって大切なものではありますが、恋愛において必須ではありません。

逆に年収は1000万円以上ないとダメというふざけた女性は、こちらから願い下げです。
もっとも、このような女性は少なくなって、500万円以下の年収でも十分という女性はかなり多いですのでひとまずご安心を。

大切な事は、お金を持っていることの後ろにあるものが、モテる要素なのです。
と言っても、高級なレストランで食事ができるという単純なものではありません。

では、お金があることの後ろにあるものを見ていきましょう。

金持ち男は時間的余裕がある

一番の理由はコレです。

一般的にお金を持っている人は、時間的余裕があります。長期的視線で活動できるのです。
従って、スグに女性が落ちなくても全然平気です。

チェスをするように、一手一手、手を進めていく余裕があります。
時には攻める手を、時には防御する一手を考えながら。

もちろんこの一手一手を打つのと同時に、落としても良い女性かどうか判断もします。
変な女性を落とすと後が大変です。
分かれる時に自殺未遂をしたり、ストーカーのように押しかけたりされるとマイナス以外の何物でもありません。

金持ち男は精神的余裕がある

お金持ちは、一人の女性に固執しません。
どんなに見てくれが良く、好きになったとしても、価値観が合わなければ仕方がない。とあっさり見切ります。

ダメなら次!という切り替えが非常に速いです。

ブルゾンちえみの話ではありませんが、世の中に女性は35億いますからね。
1人に固執しないので、常に交流がある女性はたくさんいるのも特徴です。

友達以上恋人未満というポジションの女性が多いのです。

この「友達以上恋人未満」という女性が多ければ多いほど。。。
身体だけの関係の女性も増えてきます(笑)
複数の相手と同時進行は節操がないのでNGです。念のため。

話はずれますが、身体を合わせてみないと相性が分からないじゃないですか。
身体の相性があうか合わないか分からない内にお付き合いする方が無理というものです。

金持ち男は経験値が高い

食事の例で言えば、お金がないと、必然的に食事をするお店のジャンルも限られてしまいます。

超高級フレンチのお店で毎回食事をする必要はありませんが、だからと言って学生が行くような一人3,000円程度で飲み食いできるようなお店に毎回行くのは、大人としてイケてません。

お金のある男性は、庶民的な安いお店もそこそこ高いお店も数多く知っています。

必要に応じて、複数の引き出しを持っているのです。

そのため、知らない街で行ったことがないお店を探さなければいけない場合であっても、ネットで情報を見ればだいたいどの位のスペックのお店か判断することができます。

結果、「知らない店に入ったら失敗しちゃった」ということがほとんどありません。
今、分かりやすいようにお店の例を引き合いに出しましたが、お店以外でも経験値はモノをいいます。

ちなみに、食事をするお店の傾向としては
高級店は誰もが知っているお店で、安い店はお店のウリが明確なマニアックなお店をチョイスすることが望ましいです。

趣味でもそうですが、金持ち男は多趣味であることが多いです。
いろいろな事に興味を持っているのではありません。
いろいろな事をやればその分だけ女性との出会いが増えるからです。

まとめ

時間的余裕、精神的余裕、経験値と三つの要素を挙げました。
お金があるからモテるのではなく、この三つの要素があるからモテるのです。

逆に言えばお金がある男性でも、焦って女性を落とそうとしたりするとモテないのです。
時間的余裕も精神的余裕もお金は必要ありません。

経験値だけは、少々お金がかかる要素がありますが、お金をかけずに得られる経験値はたくさんあります。

落として良い女性の選別

さて次は、女性の選別についてのお話しです。

その女性を「落として良いかどうか」知るためには、食事が一番です。
食事をするだけでも多くの事を知ることができます。

箸の使い方、料理の取り分け方、食べ方、食材の趣味嗜好、振る舞い方、金銭感覚等々
挙げればキリがありませんが。

参考までに私の考え方を書いておきます。
偏見もあるかもしれませんが、ご自身の判断基準を作るための参考にしてください。
レストランでの食事に絞って解説していきますね。

箸の使い方

まず、箸の使い方が下手な女性はダメ。
ケガなどで上手く使えない場合はともかく、箸を使えないという要素から見えてくるのは、
「親の教育がきちんとされていない」ということと「箸が使えない自分を恥ずかしくないと思っている」です。

人前で食事をしない人は皆無です。
日本人のマナーとも言える箸を正しく使うことは、社会人として必須です。

社会人として必須な要素ですから、私は挨拶ができないのと同列だと考えます。

食べ物の好き嫌い

アレルギーがある場合は除きますが、基本的に好き嫌いが激しい人はNGです。
何故なら、女性は出産をするからです。

栄養が偏った女性の子供はどうなるでしょうか?
サプリメントを取れば同じと主張する女性がいるかもしれませんが、自然な食事で栄養を取ることがもっとも自然です。

偏食の親の子供は、偏食になるというデーターもあります。

レストレランなどで、料理が出てきた時に苦手な食材だけよけて食べるのは視覚的にもみっともないです。
大人としてはせめて、「嫌いで食べられない」ではなく「好きではないが食べられる」程度にしたいものです。

振る舞い方

食事ネタで話が進んできましたので、ここでも食事に限った話にしましょう。
振る舞い方はいくつかありますが、まず店員さんに注文するときに、「すいませーん、カシオレ!」というような、「下さい」を付けない人はNGです。

お客は注文した料理に応じて、必要なお金を払っているに過ぎず、店員よりも偉い訳ではありません。
注文するときに「~を下さい」と言えない女性は、ワガママで人間関係を上手く築けない人です。

食事があらかた終わったな。というタイミングで更に料理を頼むような空気読めない人も注意ですね。
〆のラーメンとかデザートならともかく、最後の最後で「鯛のカルパッチョ」とかありえません。

また、スタートの段階で、ピザやパスタを頼むのも大NGです。
私はそんな時、「食事の楽しみ方を知らない人」と判断します。

食事が終わるとお会計です。

金銭感覚

最後は会計です。
お金は私が出すことがほとんどですが、女性には「出すしぐさ」が欲しいと考えています。

予定調和ですが、「私も払います~」「いやここは私が出しますよ」「お言葉に甘えてごちそうになります」というようなやり取り。
私は理想だと思っています。

更に、次の日「昨日はごちそうさまでした」というメッセが必要です。

お気づきになったかもしれませんが、これビジネスの世界では当たり前に行われていることで何も特別なことではありません。

ありがたいことに、日本で世界中のあらゆる料理を食べることができます。
和食、フレンチ、イタリアン等々。

和食と言っても、寿司、懐石、鍋本当に多岐に渡っています。

女性をいろいろなお店に連れて行くと、その女性がどのレベルで振舞えるどうか判断することができます。
また、お酒が入った時にどうなるのか?も透けて見えてきます。

複数の会食をするとお金はそこそこかかりますが、人間を見るのに食事は一番です。

恋愛はビジネスと同じ

今まで書いたことは、ビジネスと同じです。

見込み客に出会っていきなりセールスする営業マンは、売り上げの上がらないダメ営業マンです。
できる営業マンであればあるほど、セールスはしません。

セールスしない代わりに何をするかと言うと、「自分が相手にとって必要だと思われるプロモーション」をしているのです。

ビジネスの場合は、「自分が相手の役に立つ人間」であることを刷り込む訳です。

恋愛においては、「自分が相手にとって必要である人間」だと刷り込む事になります。

要素としてはほとんど変わりません。

お金がなくても大人としてふるまう事ができればモテるのです。
過分なお金が無くても大丈夫。

お金がそこそこあると、女性を見極めることが簡単にできます。
女性と食事に行く際は「判別できること」についても意識してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です