金があってもモテルとは限らないが、金がないと行動ができないのも事実。収入を増やす方法を考えてみた

金があればすべて解決する訳ではありませんが、お金があるに越したことはないですよね。

一緒にご飯を食べに行った際に、高いメニューに躊躇した経験は誰にもあると思いますが、端的に言えば、お金があればこういう思いをしなくて済みますからね。

さて、お金があればそれに越したことがないとは知っているものの、かといってすぐに収入を上げることはなかなか難しいのも事実です。

あなたならどうしますか?

本業の収入が上がるのが一番

根本的なことから行きますが、何と言っても本業の収入を増やすのが一番です。
本業の収入を増やすには、何と言っても「自己投資」です。

毎日8時間働くのなら、その8時間の中でどれだけ労働生産性を上げることができるか?という話。

逆に言えば、現在の収入はあなたの労働生産性の結果だということです。

より多くの業務がこなせるように改善することや、より利益率の高い仕事を受注できる若しくはこなせるスキルが身につけば、自然に収入は上がるというものです。

その為には、サラリーマンのベースアップという思考を否定することが重要です。
ベースアップというシステムは、何もしていなくても自動的に給料が上がるシステムですから、働かざる者であっても給料がもらえるという摩訶不思議な仕組み。

自分の給料は自分で決めるという思考が必要です。

本業以外の収入

本業を頑張っていてもそれだけでは、十分ではないかもしれません。
というのは、本業は自分が経営者出ない限り、経営権は他人が所有しています。

あなたの給料はその経営者に決定権がありますので、今日努力したからと言って明日給料が上がる訳ではありません。

ということは、サラリーマンの場合、本業の自己投資をしても成果が出るには時間がかかるという事になります。
従って、本業以外の収入を増やす施策も必要に応じて考えていくことを望ましいです。
では、本業以外に収入を得るためにはどうすればよいのか?
考えてみたいと思います。

アルバイト

真っ先に思いつくのは、アルバイトではないでしょうか?
コンビニやファミレスの深夜労働はよくあるバイトですね。
筆者が良く利用していた、運転代行も昼間仕事を持った人が多くやっていましたね。

女性の場合はキャバクラ。
このサイトの読者に関係ないですが、キャバは昼間仕事を持っている人が圧倒的に多いです。

深夜枠は時給も高めに設定されていますので、副業としては手取り早いです。
但し、しょせん時間をお金に変えているだけなので、長期間働くのは結構大変だと思います。

そもそも副業禁止規定がある会社が多いですがこの場合、アルバイトはNGになりますので注意が必要です。
また、アルバイトで収入を得た場合、確定申告が必要ですし、住民税の納税についても注意が必要です。

うっかり申告すると、会社にアルバイト分の住民税の請求が行ってしまったりして、即バレになりますからね。

物を売る

古くはヤフオク、現代ではメルカリやBASEなど、スマホだけあれば出品できるサイトがあります。
売れそうなものをここで売るというとは、稼ぐ方法論としてはアリです。

この物を売るという副業ですが、税金についてはおいしい特典があります。
業としてモノを売ると、譲渡利益に対して所得税の納税義務が発生しますが、不用品を売って金銭を得る場合譲渡所得税の適用除外なのです。

どれだけ売っても無税って素晴らしいですよね。
但し、無税になるのは自分の不用品ですから、例えばどこから仕入れたものを転売しているような場合は納税の対象になります。

物を売る場合、仕入れが肝心です。
筆者は得意でないので、仕入れたものを転売して利益にするモデルを実際に行ったことはありません。

何故やらないかと言うと、ビジネスを行う上で在庫を抱えるビジネスが好きでないという単純な理由。
情報商材のような在庫にならないものもありますが、情報商材も嫌いです。

物を売るで思い出しましたが、撮影した写真を売れるってご存知ですか?
写真のACというサイトで自分が撮影した写真を売ることができます。
1枚売れる(ダウンロード)度に2.75円の収入になります。

この数字を見て「いくらにもならないな」と感じるのか「1枚2.75円も」と取るかはあなた次第ですが、肝心なことは一度アップロードさえすれば、サービスが続く限り写真が売れ続ける可能性があるということです。

スキルを売る

自分の時間を売るといういい方もできます。
時間を売るならアルバイトと変わらないじゃないか?と思うかもしれませんが、若干違います。

タイムチケットココナラと言ったサービスがあります。

自分が得意としているスキルを換金することができます。
値段は自分が決めて良いという所がアルバイトと決定的に違う所です。

収入を得ても・・・

本業にしても副業にしても、得た収入をすべて消費していては意味がありません。
大切なことは、得た収入を全部使ってしまうのではなく、一定割合を投資に回すことです。

複利の効果は計算すれば、小学生にもわかることですが、いい年した大人が分かっていない、実践できない現実もあります。

1万円の投資をした結果、3%の利益が出れば300円です。
この300円を使ってしまっては、1万円は1万円のままです。

300円を含めた投資をすれば、10,300円は10,609円、10,947円、11,275円とドンドン膨れていきます。

やれば分かりますが、複利投資をするとお金が沸いてくる感覚を実感することができます。

こういう思考にたどり着くとどうなるのか?

チャイルディッシュなことをしなくなります。
例えば、一銭にもならない無駄な雑誌を読むことや、スマホのゲームをするなんて、それはもうバカバカしい事だと気が付くはずです。

電車の中で、スマホゲームをしている人と、金を生み出すためにブログを書いている人ではその差は言うまでもありません。

実はお金を持っている持っていないというのは、思考の差なのです。
思考の差はモテルか持てないかの違いにつながるのです。

お金があるナシではなく、仕事以外の空いた時間をどう過ごすか?がモテルか否かの違いなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA