女性が興味を持つ会話の見極め方

こんにちはヨッシーです。
今回は会話についてのお話です。

デート
売れない営業マンの特徴というのがありまして、一言で言うと空回りをしているという営業マンです。

あっ恋愛にも通じる話ですのでご安心ください。

売れない営業マンというのは相手のことが見えていない。という傾向があります。
相手のことが見えていないというのはどういうことなのか?

例えばボクシングの試合をやるとしましょう。
ボクシングの試合はご存知の通り二人でやるものです。従って対戦相手がどういう人なのか研究して対策をする必要があります。
この時自分のことだけ考えていてひたすら自分が練習すれば試合に勝てるのか?

このブログの読者の方はもうお分かりだと思います。

孫子の言葉ではありませんが、己を知り相手を知れば百戦百戦危うからず。の言葉の通り相手のことが分からなければ戦いようがありません。

売れない営業マンの話に戻ります。
売れない営業マンはお客さんの話をするのではなく、自分が話をすることに力を注いでいる傾向があります。

その商品の説明、自分のことなどいわゆる自己 PR をひたすらするのです。

しかし営業活動において根本的に必要なことはお客様が何を求めているのかということなのです。

お客様は聞く耳を持たないのです 。

聞きたくもない話をひたすら聞かされることによりお客様は辟易とし、営業マンから離れていくのです。

さて売れない営業マンの話をしましたが、ここまでいかがでしたでしょうか?

恋愛において、この売れない営業マンが行っている営業活動と全く同じことをやってしまっている人がいるのです。

女性との会話においては、相手の話が7割自分の話が3割この程度で十分です。
あなたの魅力は言わなくても自然に相手に伝わるものです。
逆に言えば、言わなければ伝わらないような魅力であれば、それはあなたの魅力ではないのです。

そう書くと、極端な方がいて相手の事を根掘り葉掘り聞いてしまう方がいらっしゃいます。

しかし警察の取り調べではありませんので、自然な形で会話を進められるように配慮が必要です。

少し具体的にお話をすると、一緒にいる時に話をして共感しないポイント共感するポイントこちらを見極めることです。

見極め方は至って簡単です。
話が弾むが弾まないかということです。

この時誤解しないようにしたいのは、女性はとりあえず話を合わせると言う性質を持っています。

「うわーかわいい」
「すごいね」
「へ~」

という感じの言葉を言います。

会話が弾むかどうかという判断は、今書いたような会話の後に女性が自らコメントをつなげるかどうか?
ここに注意をしていただくことです。

会話の受け答えの式があります。
すごいねっというのは、相手の会話を受け止めたという言葉です。
興味がなければ受け止めて終わり。
しかし興味があれば受け止めた後、リターンをするのです。

「それでそれで」
「私の時は~」
というような返しがあれば相手もその会話を望んでいる可能性が高いと判断できます。

是非実践してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA