女性との個別メッセを上手くやる方法

こんにちは、よっしーです。

幾度となく言っていますが、現代は文章コミュニケーションの時代です。
少し厳しい表現をすると、文章でコミュニケーションが取れないと恋愛も仕事もうまく行きにくいということです。

できない営業マンは兎に角電話でコミュニケーションを取りたがりますが、これは自分の思考を言語化できない表れです。
電話であれば、「しまった」という時に言い直しがすぐにできますからね。

さて、今回の本題です。
LINEにしてもfacebookにしてもtwitterにしても、相手と1対1のコミュニケーションが取れます。

メッセージ機能ですね。

emailよりも手軽に使えるので、あっという間に普及しました。

手軽に遅れるのでついつい盛り込みやすいですが
emailで長文を送ると、相手は「ウワッ!メンドクサイ」と思われます。
SNSでそれを長文を送ると、「超メンドクサイ人」になってしまいます。

というのも、手軽な連絡手段であるSNSのメッセージは、「手軽に返信できる」という要素が何より需要です。
従って、長文のメッセージが送られてくると迷惑以外の何物でもありません。

そもそも長文メッセは、その送られた文章の「どの点について返信して良いのか判断しにくい」のです。
判断しにくい=手軽に返信できないのです。

SNSメッセはできるだけ簡潔明瞭かつ、短文で送るのがベストです。
例え言いたい事がたくさんあっても、1回のメッセで伝える内容は1つに絞る事が大切。

短文にしちゃうと言いたい事が伝わらないのでは?と思うかもしれません。

確かにその通りなのですが、しかしだからと言って長文で良いことにはなりません。
ではSNSでどう短文メールを送ると良いのか?

詰め将棋的な感覚が必要です。

1、まず一番聞きたい●●についてのメッセを送る。

2、おそらく△△という内容か、□□という内容の返信があるだろう

3、自分の希望である■■のお誘いのメッセを送ってみる

ものすごく端折っていますが、このようなイメージです。
1のメッセで言いたいことを全部盛り込まない。というのがポイントです。

間違っても条件分岐するような文章はNGです。

このメールを送ってみて反応を見て次のメール。。。というように
順番を考えて送ってみる習慣をつけましょう。

といっても、「次の日曜日時間ある?」という回答するのがコワいメールはNGですよ。
日頃からあっていて信頼関係がある間柄なら良いですが、人間関係ができていないと自爆します(笑)

うっかり「時間あるよ」と答えたら、どんな誘いでも行かなきゃいけないみたいな印象を付けてしまいます。

一つ例を出しましょうか。

【背景】
相手の女性のタイムラインを遡ったら、巨人ファンだと思われる投稿があった。
しかし、自分との会話の中では巨人ファンだということは出ていない。
是非、その子と野球を見に行きたい。

×××残念な例×××

メール1(自分)あのさ●●さん、巨人ファンだよね?10月5日東京ドームに巨人戦、見に行かない?

(相手の心の声)あなたにそんな話したことないけど、、、何で知ってるの!?ストーカー?
だいたいその日仕事だから早く終わるか分からないし。。。

やり取り終了。。。

〇〇〇良い例〇〇〇

メッセ1(自分)今、東京ドームのチケット取れるか探しているんだけど、取りやすい方法って知っている?

メッセ2(相手)そんなに詳しくないけど、どうしたの?

メッセ3(自分)巨人の試合見に行きたいと思ってね、調べてるんだ~

メッセ4(相手)巨人ファンなの?実は私も見に行きたいと思っていたけど今年は予定がなかなかとれなくて行けてないんだぁ~

メッセ5(自分)そうなんだぁ~じゃあ、お互いの予定が合う日があったら一緒に行こうよ。

メッセ6(相手)いいですね!行きたいです~

メッセ7(自分)うわぁ楽しみが倍に増えた♪開催日調べて連絡するね~

偶然趣味が合ったかのような話題からデートに誘う所がキモなのです。

1で興味を引きます。
3で趣味が合うことを伝えますが、女性を誘ってはいない(むしろ他の誰かと行くかのような振る舞い)ので世間話の自然な感じ
4は相手があなたと行きたい。という感情ではなく、世間話から自然な形での自己開示。でも「誘って~」という可能性もあるかも。
5自然の流れ。

いかがですか?

メッセは展開を考えて詰め将棋のように使いこなしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です