合コン時、女性の費用はどうする

合コンをすると当然、費用がかかりますね。

費用の負担はどうしたらよいか、悩みませんか?

●1円単位までワリカン
●男性が1,000~2,000円多く払う
●男性が奢り

大抵三つのうちの一つになるのではないでしょうか。

あなたの場合、いかがですか?
それぞれメリット、デメリットがありそうですよね。
さてこの中でどれがベストでしょうか?

正解は・・・

ありません。

正解はありませんが、「自分の軸と行動が矛盾しなければ」私は良いと思います。

男女平等でいたいという考えなら当然、1円単位までワリカンでも良いでしょう。
その変わり、飲んでいる席で、男女平等主義であることが伝わるような会話が必要です。
仕事も家事も育児も平等主義であるという事を。

1円単位までワリカンにするにもかかわらず、男尊女卑的な思考だと辻褄が合わず、言っていることとやっている事が違うという印象を与えます。
結果、自分勝手でケチな男。というレッテルを貼られてしまいます。

また、男女平等思考を男性が打ち出すことは勝手ですが、その考え方に賛同しない女性が相手の場合、当然進展はしません。
しかし、価値観が合わない女性と恋愛が進展しても、それは時間の無駄になる可能性が高いので、この時点で気が付いて良かったと言えます。

●男性が1,000~2,000円多く払う
●男性が奢り
についても、基本的に同じで、なぜそうするのか?という点がしっかりしていればOKです。

私が現役で合コンを企画していた時は、女性1,000円で開催することが多かったです。
しかも、それをお会計の時に発表するのです。

女性は「えっ?千円でいいの?」と言ってほとんどの女性が喜びます。
良いか悪いかはともかく私は、「基本の飲食代は男性が出すべき」という思考を持っています。

ですから、合コンの場合、全額出しても何ら問題ないのです。
しかし、奢るという行為は「相手の自由」を奪います。

例えば二次会に行こう!と誘った場合、本当は行きたくないけれど、「奢ってもらって悪いから行こうか」的は発想になるかもしれません。
そんな感情で二次会に来てもらっても、楽しくありません。

1,000円でも女性に払わせてあげれば(というと上から目線ですが。。。)、少ない金額でも払ったという事実は残り、行動の自由も残るのです。

1,000円払っていただくスタイルには、ある仕掛けがあります。

「千円取るくらいなら奢って欲しい」という思考を持つ女性を振るい落とすことができます。

「男性に全部出してもらいたい」という思考を持つ女性は、自立しておらず、依存体質です。
依存体質でなければ、たかり体質です。

そんな女性と付き合っても、自分のためになりません。

合コンは、「自分の将来に役立つ女性を選定」するための手段の一つにしか過ぎません。
行動には意思と意味を持たせることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA