「普通の女性を探したい!」の真実

「私は決して美人でなくていいんです。普通の女性でいいんです。」

高望みせず、打倒なラインで結婚相手を探している堅実な思考だと感じるかもしれません。
こんなことをおっしゃる男性がとても多いです。

果たして、そうでしょうか?

今回は、「普通の女性」について考えていきたいと思います。

とその前に、あなたの周りに普通の男性っていますか?
ちょっと思い出してみてください。

●あいつは、ちょっとワガママだな。
●あいつは、ちょっと空気読めないな。
●おいつは、いつも金もっていないな。

意外と全てが平均点な男性っていないものです。
そしておそらくあなたも。。。

若干トゲがある展開かもしれませんが、他意はありませんので全く気にしないでくださいね。
さて本題に参りましょう。

ルックス、年、性格、家事能力、仕事全てが普通の女性ってどれだけいるでしょうか?

●性格が良くて、料理も上手。だけどルックスが並み以下。だから普通じゃない。
●ルックスは普通だけど性格がキツそう。だから普通じゃない。
●話も面白いし、性格も合いそうだけど、ちょっとぽっちゃり過ぎる。だから普通じゃない。

こんな事が世の中にはゴロゴロとしています。

あなたの友達に普通の男性がいないように、普通の女性もめったにいないのです。

もうお気づきですね!
そう!
実はあなたの「普通の女性がいいんです」は、もっとも競争倍率の高い欲求なのです。

厳しい表現で申し訳ないのですが、普通の女性はあなたの手に届かない所にいます。

以前、男性あまりという記事を書きましたが、男女別の人口統計において、男性よりも女性の方が圧倒的に少ないのです。
普通の女性は、もはや高嶺の花だという認識を持つことが重要です。

いかがですか?
今までの感覚とかなり違う現実が、そこにあることがお分かりいただけたのではないかと思います。

ではこの現実を踏まえた上で、どうするのか?という事です。
普通の女性をゲットするべく、自分を磨くのもの良いでしょう。

私はむしろ私、個人的にはそこを目指していただきたいとさえ思います。

ただ、「自分磨きに自信がない」というあなた。
そんなあなたは、少し違う道を行く必要があります。

普通じゃない女性を探すという道を。

問題は、どのレベルまで普通じゃない女性で良いか?ということですが、少なくとも、この記事の冒頭で書いた「普通の女性」を探すことよりも、「普通の女性よりもちょっとだけ条件が落ちる女性」を探す意識を持つことが、大きな一歩になります。

男性側が、そのちょっとに目をつむることができれば、グッと結婚への道が近づきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA