500円で買える大人の雰囲気


ポチ袋って知ってますか?

この写真のような袋です。
お年玉を入れる袋というと「あぁ!そうか」となると思います。

私は、日常的にこのポチ袋を持ち歩いています。

何のために?

先日、友達と待ち合わせる前30分位時間があったので、寿司屋に入りまました。
ターミナル駅の目の前にあるその寿司屋。

月曜というのにほぼ満席でした。
板前さんは一生懸命握っている。

私は30分しかない。

30分しかないから早く握ってくれというのは単なるワガママです。

そこで私が板前さんに行ったのは、待ち合わせがあるので20分位で失礼しますが、お任せで4ネタ程度2カンずつ握ってほしいとリクエストしました。

お任せなら、他のオーダーと併せて握れるからです。
そんな私の事情と私の配慮を察してくれたのか、他のお客様よりも優先して握っていただきました。

少し前置きが長くなりましたが、サクッと食べてお会計をして、帰り際、、、

本題に入る前に横道に逸れますが、お寿司屋さんで絶対に言ってはいけない言葉があります。

何かというと「おあいそ」です。

「おあいそ」は愛想に「お」が付いたもの。
客が言うべき言葉ではありません。

大人なら「お会計お願いします」と言いたいものですね。

さて話を戻しますが、お会計が終わって私が帰る時に、このポチ袋。

板前さんに「●●さん(名札が付いていますから名前が分かったのですが)美味しかったです。ごちそうさまでした。
これ気持ちだけですけど」と言ってこのポチ袋を渡しました。

板前さんは恐縮しながら、ありがとうございます。といって受け取りました。

その光景を見ていた、私の隣に座っていたOL2人、男性1人のグループ。
その内の女性が、私の行動を見て「うわーかっこいいい♡」と言ったのです。

もちろん私は聞こえないフリをして、お店を後にしました。

そのポチ袋に入れたのは、コンビニで使えるクオカード500円分。

金額的には大したものではありません。
しかし、効果は絶大です。

500円をポケットから出して、これチップですと言えば、ダサい話になりますが、同じ500円でもあらかじめ用意していたポチ袋に入れて感謝の意を伝えることで全く違う結果があります。

言うまでもありませんが、この人は普段からこういう事に気を使える人なんだというポジショニングを取る事ができるのです。

飲食店で横柄な態度をとる人が多いですが、横柄な態度をとっても女性にモテません。
むしろ、丁重に感謝の言葉と行動をすることにより、「この人は私の事も大切にしてくれる」と思うのです。

たった500円、されど500円の投資してみてください。